So-net無料ブログ作成
氏神総代 ブログトップ
前の30件 | -

神社総代の役目終わる [氏神総代]

03/17午前。祈年祭がありました。
この日は、私が6年間に渡りお受けしていた
IMG_0053.JPG
神社総代の仕事が終わる日でした。

IMG_0054.JPG
恒例の行事でしたが、最後だと思いましたら、違った気分で本殿で座りました。


IMG_0055.JPG



新しい総代に無事に引き継ぎもしました。

IMG_0056.JPG

少し肩の荷が折れた気分で、氏神をあとにしました。


(ご訪問ありがとうございました。)



祭り 本宮 [氏神総代]

11/03が祭りの本番のに日でした。
DSCN9699.JPG神輿は行く・・・。
DSCN9700.JPG DSCN9701.JPG


DSCN9703.JPG DSCN9708.JPG
巫女の舞い。


DSCN9711.JPG DSCN9716.JPG
心配していた天気も上々。今年も無事に祭りを終えました。

(ご訪問ありがとうございました。)

祭りの準備 中 [氏神総代]

11/02宵宮。10時30分にお宮に集合。
本殿で、宮司がセレモニーを行います。
DSCN9684.JPG本殿前に運んで来た神輿。


DSCN9689.JPG DSCN9691.JPG
ご神体が運ばれて来る直近の神輿。

DSCN9693.JPG DSCN9696.JPG
ご神体が遷された神輿。

DSCN9698.JPG
それを私たちが、大当家の家に運んだところです。
明日はお祭り本番となります。

(ご訪問ありがとうございました。)


祭りの準備 [氏神総代]

11月1日のこと。小生は、氏神の総代を仰せつかって、6年目となります。
今年は、最後のご奉仕の年です。

DSCN9675.JPG DSCN9676.JPG
早朝に、郷中の境に、幟を立てました。

DSCN9682.JPG
9時過ぎから、総代7人がお宮に集まり、お宮の周辺4カ所に幟を立て、

DSCN9677.JPG DSCN9678.JPG
それから神輿の組み立てをしました。

DSCN9679.JPG
最後に、本殿に幔幕を張り、提灯を掲げて、準備終了です。
作業時間は、総計5時間ほど。


(ご訪問ありがとうございました。)


お宮の掃除 [氏神総代]

これも、先月中旬の話です。
お祭り前に、お宮をお掃除しました。
DSCN2099.JPG DSCN2098.JPG
季節はずれん台風がくるというので、燃やすことができません。
それで、ブルーシートを掛けておく事にしました。

清掃ができたので、お祭りが迎えられました。

(ご訪問ありがとうございました。)

小さなお宮の祈年祭 [氏神総代]

03/17晴れ。小生は小さなお宮の氏神総代の一人をしております
関係から祈年祭に参席しました。この祈年祭というのは、全国的には
2月中に行われるようですが、当宮では3月17日を恒例としております。
この目的は、今年の五穀豊穣を祈念するものです。
IMG_9405.JPG IMG_9404.JPG
まず、大祝詞を奏上。
IMG_9407.JPG巫女の舞い。
IMG_9409.JPG再び祝詞。

IMG_9410.JPG
私たちも榊を捧げたあと、巫女さんたちの榊の捧げ。


新嘗祭 [氏神総代]

12/17は、氏神さん恒例の新嘗祭の日です。
IMG_8719.JPG IMG_8721.JPG
10:30ごろから、関係の巫女さん(小学生)が集まりはじめました。
IMG_8722.JPG IMG_8724.JPG
11:00に所定の位置に着き、一礼の後、祭礼が始まりました。
IMG_8726.JPG IMG_8727.JPG
(大祝詞文)がリズミカルに上げられました。
IMG_8729.JPG
巫女の舞が奉じられます。
IMG_8733.JPG IMG_8734.JPG
終わりに、私たちも玉串を献じてすべて終わり。
(今年も農作物は良い出来でした。ありがとうございましたと
神様にお礼を申し上げて)、新嘗祭は約50分で終了しました。
IMG_8735.JPG帰路につく巫女さんたち。
(ご訪問ありがとうございました。)

不届きものめ! [氏神総代]

先日、宮司から「賽銭泥棒が荒らしている」という話がありました。
これはいかんと、セキュリティの会社に依頼することしました。
数日の交渉や工事の段取りの打ち合わせをして、工事の運びとなりました。
IMG_8439.JPGIMG_8440.JPG
工事中。
IMG_8441.JPGIMG_8442.JPG
               賽銭箱のある正面。
IMG_8444.JPGIMG_8443.JPG
                 こじ開けられた横入り口。

IMG_8457.JPGIMG_8454.JPGIMG_8455.JPG
警報装置。  人の体温感知装置。

IMG_8458.JPG
警報操作本体。

これの装置で、不届きな賽銭泥棒が来ませんように。
(ご訪問ありがとうございました。)


祭り本番 [氏神総代]

11/03曇。天気予報は雨でしたが、振らずに済んでくれました。
IMG_8327.JPGIMG_8328.JPG
午後1時に一旦一カ所に、神輿も屋台も参集し、
宮司の祝詞と巫女の舞が納められます。
IMG_8330.JPGIMG_8331.JPG

これは、午後3時また別の場所に参集し、同じ所作が行われます。
私たちz神社総代は、この場で立ち会うのが仕事です。
IMG_8332.JPG
帰って来た屋台。
IMG_8333.JPG
最後に、神社前にすべてが集まり、同様のことが行われます。

その後、本殿前に神輿を私たちが運び込み、ご神体を遷して、すべて終了です。
帰宅は午後8時ごろでした。明日は、すべて後片付けです。

(ご訪問ありがとうございました。)

お祭り行事 [氏神総代]

11/02夜。心配していたお天気もどうやら持ち直しているようです。
IMG_8297.JPG
屋台が各家を回ってきます。どことなく鄙びた音が響きます。

翌3日目は、大当家の家に総代と神輿を引く人たちが7時に集まりました。
IMG_8301.JPG
衣装を身に着けています。

IMG_8302.JPGIMG_8303.JPG
宮司によるお祓いがあります。
IMG_8304.JPG

それが終わると、皆さん気合いを掛けて出発です。 
IMG_8305.JPG
1日だいたい2万歩以上歩きます。ご苦労様・・・。

(ご訪問ありがとうございました。)


お祭り準備 [氏神総代]

11月1日、倉敷から帰り、昼食を終えると、
直ちに氏神社へ駆けつけました。
IMG_8286.JPG IMG_8287.JPG
既に神社の周りは準備が終わっていました。
それから小当家・大当家の幟立てと提灯釣りを済ますと、その日が暮れました。


翌、11月2日はになり、
IMG_8288.JPG
準備した神輿を本殿前に運びます。

IMG_8289.JPGIMG_8290.JPG
次は、本殿内で神事が行われます。
巫女の舞や祝詞が上げられます。
その後、宮司によって神様が神輿に遷されました。
IMG_8291.JPGIMG_8293.JPG
舞い終わって、記念撮影の小学生の巫女たち。

その神輿を大等当家の家に運んでいきます。
IMG_8295.JPG幟が立った大当家のうち。
IMG_8294.JPG
その家に運び込まれた神輿。
IMG_8296.JPG
それから一旦帰宅し、午後5時に再び集まり、天気が怪しいjので、雨よけの
覆いをかぶせました。
その作業の後、大当家さんのご好意で宴席が設けられました。
散剤をお賭けし、誠に申し訳ないと毎年思います。

これで2日目の私の役目は終わりました。

(ご訪問ありがとうございました。)



お祭り行事 [氏神総代]

本町の祭りは、11月3日です。私、お宮総代の仕事しては、
11月1日から仕事が始まります。例年なら地域の幟は1日から立てるのですが、
10月31日から岡山県へ遊びに行くので、拠ん所なく30日の夕方、
立ててしまうことにしました。
IMG_8284.JPGIMG_8285.JPG

IMG_8283.JPGIMG_8282.JPG
この幟を立てることによって、地域住民に祭りですよ、と知らせているのです。
IMG_8286.JPG
1日から神輿の組み立てや本堂の幔幕張りをすることになります。

(ご訪問ありがとうございました。)

境内の除草剤 [氏神総代]

08/10晴れ。氏神境内に除草剤を撒くという作業がありました。
この作業は、神社総代がする作業ですから、その一員である私も
9時にはお宮に行きました。
IMG_7904.JPGこの軽トラに噴霧器。
(作業の様子は、仕事に夢中で撮り忘れました。)
IMG_7905.JPG IMG_7907.JPG
IMG_7906.JPG散布が済んだ境内。

(これで、雑草が枯れ、秋の清掃作業が楽になることでしょう。)
IMG_7908.JPG IMG_7909.JPG
作業を終え、冷たいお茶で一息つきました。

IMG_7910.JPG
玉垣の名前を見ながら、誰言うとなく「あの人も、あの人も死んどるな・・」と。
建設から、25年も経っているからやむを得ないとしても、
当時、地元の名士として活躍していた人が大半亡くなっていると思いますと、
時の流れに一抹の無情を感じる話題となりました。

とまれ、熱中症になることなく作業完了!でした。

(ご訪問ありがとうございました。)

どんど焼き [氏神総代]

01/15晴れ、午前中。
どんど焼きをするので、自分の家のしめ飾りも持って9時過ぎにお宮に行きましたら、
IMG_5470.JPGIMG_5469.JPG
既にしめ縄が四方に張られ、 火が上がっていました。
IMG_5472.JPG IMG_5474.JPG
自分の家のも投げ入れて、お炊上げしました。(熱くて近寄れません。)
IMG_5475.JPGIMG_5476.JPG
今年はどういう訳か、燃やす量が少ないというのが印象です。
IMG_5477.JPGIMG_5478.JPG
途中で、どこかの人が二人、車で持ってきました。
(後で)この人たちは少し離れた土地の人で、そこの氏神では
どんど焼きをしていないので、毎年ここに来ているということが分かりました。
IMG_5479.JPG IMG_5482.JPG
燃えない物は入れないようにと言っていますが、そのルールが
守られなくって、入ってしまっています。
IMG_5483.JPG
その代表は、瀬戸物・餅・橙です。(燃え残った橙。)
IMG_5485.JPG
1時間30分ほどで鎮火しました。これで、今年のどんど焼きの行事が終わりました。

(ご訪問ありがとうございました。)


新嘗祭 [氏神総代]

我が氏神様の新嘗祭は、12月17日が恒例日となっています。
10時過ぎに出勤(?)。
108.JPG
正月のお札を配る掛かりも集まり、
105.JPG100.JPG
神殿の供物の準備も整いました。
111JPG.JPG103.JPG
私たちは、神殿奥に座ります。(女性宮司さんたち。)
110.JPG
祝詞が上げられ、玉串を献じ、約30分ほどで神事は終わりました。
101.jpg
各掛かりが解散した後、予算報告書の承認と神社運営について
小1時間話し合いをして終わりました。
(以上です)


お宮の掃除 [氏神総代]

氏神さんの掃除が、9時からありました。
CIMG3315.JPG家のキンモクセイ。
CIMG3327.JPG CIMG3328.JPGCIMG3330.JPG CIMG3333.JPG
9時前に行きましたら、すでに掃除にきてくれていました。
CIMG3331.JPG
池端の草刈りをする人。
CIMG3333.JPG CIMG3332.JPG
と、Aさんが私を呼びにきました。
CIMG3335.JPGCIMG3336.JPG
(巣は1つです。)
 行ってみますと大きなスズメバチが本殿に巣くっていました。
大きなハチが飛び回っています。「ここから向こうは掃除中止」と
言って、みなさんに遠ざかってもらいました。(被害が無くて良かったです。)
7月以降にこれだけの大きな巣になったようです。
危険なので業者に依頼してもらう事としました。
CIMG3338.JPGCIMG3339.JPG
キレイになり、11月 3日の祭礼が迎えられます。
CIMG3341.JPG
皆さん、ありがとうございました。(以上)

除草剤散布 [氏神総代]

琵琶湖周遊883kの旅を中断して、昨日あったお宮の除草剤散布の話。
年に一度は、境内の除草剤散布をしています。
一昨日の予定でしたが天候がよくないので、昨9日にする事になりました。
IMG_1785.JPG
手前のこんもりした所が鎮守の森。
IMG_1790.JPGIMG_1787.JPG
約束の9時に行きましたら、もう準備をしてくれていました。
草の生え具合を見て行きますと、
IMG_1788.JPGIMG_1791.JPG
境内にはびっしりと雑草が生えていました。
IMG_1792.JPGIMG_1795.JPG
           本堂の周りの雑草。
9時10分ごろ、総代の7人全員が揃い、
除草剤の調剤も済み、散布が始まりました。
IMG_1796.JPG IMG_1797 2.JPG
入り口付近から始めて、
IMG_1798 2.JPG
本堂周辺まで丁寧に除草剤が散布されました。
機械の散布機でしたので、広い境内もものの30分ぐらいで終わりました。
晴天が2日も続いたので、除草剤もよく効く事でしょう。


お宮に行ったけれど・・・ [氏神総代]

6日の9時から、氏神さんで除草剤を散布する、と
招集が掛かっていました。(神社総代は合計7名)
IMG_1448.JPG10分ほど自転車を漕いで行きました。
先に来ていた人が「草が無いけど・・・」と言います。
IMG_14412.JPG
例年だとここは、草むらです。
本殿 の周りを見ても、草が抜かれ掃除もできているようです。
IMG_1442.JPG
どうやら、 ○オトープのグループがしてくれたみたいです。(感謝)
もう、今日は除草剤を散布する必要はありません。
IMG_1445.JPGで、本殿の傷みをチェック。
IMG_1443.JPGIMG_1444.JPG
風が当たらない西側はしっかりしていますが、東側は傷みが激しいようです。
「早く覆いでもしないと、ますます損傷が早まるな。」
「業者に見積もってもらう事にします」と、総総代の言。
(除草剤の仕事で集まったけれど、違った収穫がありましたようです。)
 IMG_1447.JPG IMG_1446.JPG
07/07に一度集まろうと決めて、
積んで来てくれていた散布機も、人も解散しました。

(本日も、ご来訪ありがとうございました。[晴れ][曇り][曇り]



祈年祭 [氏神総代]

本神社の祈年祭は、毎年3月17日に実施 されています。
祈年祭というのは、今年の五穀豊穣を祈る祭祀です。
IMG_0130.JPGIMG_0134.JPG
馬酔木も白梅も咲いている境内。
IMG_0139.JPGIMG_0136.JPG
IMG_0142.JPGIMG_0138.JPG
しだれ桜の蕾は堅し。小学生の巫女3人。

11時、祈年祭が始まり。私たち総代七人は、神殿奥に着席。
IMG_0145 2.JPGIMG_0148.JPG
昨年暮れ、息子さんが急死され、そのお母さん(宮司)の初めての大祓祝詞でした。
IMG_0150.JPGIMG_0153 2.JPG
3人の巫女も初めての舞い。再び祝詞の後、
IMG_0154.JPG
舞いの奉納。教えた亡宮司の奥さんも見つめています。
が、3人とも間違いもなく見事に舞い納めていました。
最後に玉串を神前捧げて終わりです。(二礼二柏手)
IMG_0158.JPGIMG_0159.JPG
およそ30分で終わりました。
今年も五穀豊穣でありますように。
その後、総代の選挙開票し、7名のうち2名が交代となり、
小生は引き続きこの役を3年することとなりました。
新しい総代との引き継ぎも済み、14時前に解散しました。
IMG_0143.JPG
神社傍らの静かなため池。

(本日も、ご来訪ありがとうございました。[雨][曇り][晴れ]


 

神事ー粥占いー [氏神総代]

1/14(土)10時30分から、氏神で「粥占い」あり、
足を運びました。神社総代になって初体験でした。
CIMG8746.JPGCIMG8747.JPG
祭壇には、山の物・海の物・里の物がお供えされていました。
CIMG8750.JPG CIMG8752.JPG
私の役はと言えば、竈の火炊きです。つまり火男(ひよっとこ)ですね。
CIMG8751.JPG
釜の中に入れる6本の竹筒
(それぞれの筒に1〜6個の刻みを付けている。)
CIMG8754.JPG
それをお米と水の中に入れ、神主の祝詞が済み、かまどに掛けます。
 
大祓の祝詞が唱えられている間に釜が吹き出し、釜を外しました。
CIMG8760.JPGCIMG8761.JPG
炊けた釜が運び出され、竹筒が出しているところ。
CIMG8762.JPG
CIMG8767.JPG
出された竹筒が裂かれ、中に入っているお米の量で取れ高の占いとします。
CIMG8763.JPG
写真①の量と対比しますと、
「一」の麦は八分、「二」の米の早生は10割・・「五」大豆は10割・・と
なります。
今年の神託は、お米なら早生と、大豆を作れば収穫間違いなし、というわけです。

昨年の神託はほぼ当たっていたそうですが、今年はどうでしょうか?
この後、参加していた25、6人でお粥をいただき解散でした。
面白い神事です。この伝統は残しておく行事だと思いながら退出しました。
CIMG8769.JPGCIMG8772.JPG
(氏神と傍らの池)

(本日もご来訪、ありがとうございました。[曇り][曇り][曇り]




新年を迎える [氏神総代]

皆さん、おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
併せてご多幸ご発展をお祈りいたしております。
(さて)大晦日に氏神社へ出向き、七人の総代で新年の準備をしました。
一旦帰宅して、朝、打った年越し蕎麦を食べました。
CIMG8599.JPG
(意外に評判が良かった蕎麦。)

再び、11時30分に参道通り社殿に。
CIMG8604.JPGCIMG8606.JPG

CIMG8607.JPG
神主さんがすでに待機をしておりました。
CIMG8608.JPG
私たちはお参りの善男善女に接待の用意。
アメ湯・御神酒・スルメ(あたりめ)を振る舞います。
しかし、今年も参拝者が少なく1時30分にお開きとなりました。
(不況だから参拝が少ないのか、盛況だから少ないのか、はたまた・・・。)
CIMG8609.JPG
社殿で酒盛りをしている人たちを後に、帰宅して就寝しました。


(本日もご来訪、ありがとうございました。[晴れ][晴れ][晴れ]

祭り(下)当日 [氏神総代]

11/03木。朝7時に大当屋の家に集結。
CIMG7584.JPG神主の祝詞の後、
CIMG7588.jpg
御神輿を引いていく人たち。
(私たち総代は解散。)
CIMG7593.JPG
町内を回っている屋台。
午後1時に、御輿と屋台が街角に集結。神主の祝詞と舞いが奉納されます。
CIMG7594.JPG
今度は、3時に違う場所に集結し、再び祝詞と舞いが奉納されます。
CIMG7598.JPG

午後7時に、氏神神社前に集結し、今度は祝詞だけが奉納されます。
CIMG7599.JPG CIMG7600.JPG
そして、いよいよ最後のクライマックス、御輿が本殿前に置かれ、
CIMG7601.JPG
神主が御輿に入れた神様を取り出し、
本殿の元の場所に納められ、祭りはすべて終了となりました。
(私たちは後片付けをして、解散となりました。)


<明日から、カリブ海クルーズのために、15日まで休みます。>
(本日もご来訪、ありがとうございました。[晴れ][晴れ][晴れ]



祭り(中)宵宮 [氏神総代]

11/02は宵宮。11時に氏神に集合。
CIMG7559.JPG
お宮の下に広がる田畑。この土地での収穫を祝う祭です。
CIMG7563.JPG
神殿前に御輿を据え、
 
祝詞や舞いが奉納されました。
CIMG7569.JPG
舞いが終わって・・・。
CIMG7573.JPG
入魂された御輿を当屋に運んで行きました。

(別途、屋台が町内の家々を回っています。)
CIMG7577.JPG CIMG7580.JPG CIMG7583.JPG
夜、我が家のに来た子供が乗る屋台。
(つづく)

(本日もご来訪、ありがとうございました。[曇り][雨][曇り]






祭り(上) [氏神総代]

(準備)
CIMG7499.JPG10月末、夜、青年団との打ち合わせ。
CIMG7533.JPG CIMG7534.JPG
11/01早朝に幟立て。9時にお宮に集合。
CIMG7537.JPG CIMG7540.JPG
お宮近くのコスモス畑。
CIMG7544.JPG CIMG7545.JPG
お宮の幟を立て、幕を張ります。
CIMG7546.JPG CIMG7549.JPG
次に、大当屋・小当屋に立てる青竹の切りだし。
CIMG7550.JPG CIMG7552.JPG
この竹を持って、各当屋へ行き、青竹を立て提灯を吊します。
それが終わると、お宮に帰り、御輿の組み立てです。
CIMG7561.JPG
濡れないようにシートをかぶせて終了。
CIMG7556.JPG
用意が調った神社遠景。
(つづく)

(本日もご来訪、ありがとうございました。[曇り][雨][晴れ]




 

お宮の掃除 [氏神総代]

10/09(日)は、掃除の日でした。09:00~町内の掃除と、
お宮の掃除が待ち受けていました。
CIMG7249.JPG CIMG7250.JPG
善男善女が汗をかいてくれました。
CIMG7248.JPG CIMG7252.JPG
お陰さまで、1時間半後にはキレイな境内となりました。
CIMG7251.JPG
皆さんお世話になりました。

(本日もご来訪、ありがとうございました。[晴れ][晴れ]
〜13,14日、県外に行くために休みます。〜


回ってみれば・・ [氏神総代]

昔、一緒に勤めたもの7人が、10月1日に都合が付く人は、
11時に集まろうと約定していました。
4721.jpgCIMG7150.JPG
来たのは、私ともう一人。結局2人。後の人は体調が悪いか、健忘症でしょう。
結局、1時間ほど話して、別れました。来年は?

帰宅して暫くすると、お宮から掃除案内のプリントが持ち込まれました。
で、早速、氏子40戸の家へ配布して回りました。
CIMG7157.JPG CIMG7158.JPG
回っている間に・・・CIMG7167.JPG
    CIMG7170.JPG
明日は運動会のようです。CIMG7174.JPG席取りの人。
CIMG7177.JPGキンモクセイ。
家々を訪問したお陰で、秋の訪れをより感じました。

(本日もご来訪、ありがとうございました。[曇り][曇り][晴れ]




呆気ない総会 [氏神総代]

10時から歯医者に行きました。
CIMG6837.JPG CIMG6836.JPG
       不気味に並ぶ治療器具。

その後、町内の氏神の総代会総会に行きました。
CIMG6842.JPG
CIMG6841.JPG CIMG6844.JPG
総会は15分。写真を写す間もなくあっという間に終わり、
CIMG6843.JPG
お菓子とお茶をもらって帰りました。(呆気ない会だ・・。)

(本日もご来訪、ありがとうございました。[晴れ][晴れ][晴れ]

お宮の巡回 [氏神総代]

神社の総代の仕事がありましたが、都合で参加できていませんでした。
気になって、08/10午後に神社へ行ってみました。
CIMG6546.JPG外見は変わりませんが、
CIMG6548.JPGCIMG6547.JPG
数か月前に侵入者があり、警察からの注意書きが貼られていました。
CIMG6551.JPG
台風の被害があり直された、排水溝。
CIMG6553.JPG CIMG6552.JPG
他の総代によって除草剤が散布され、キレイになっていた境内。
神社も整備されていましたので、安心して帰りました。

(本日もご来訪、ありがとうございました。[晴れ][晴れ][晴れ]



2011年祈年祭 [氏神総代]

CIMG4444.JPG
03/17木11時〜 氏神社で祈年祭がありました。
祈年祭=五穀豊穣を祈念する祭り。

CIMG4438.JPG CIMG4439.JPG

CIMG4440.JPG CIMG4441.JPG
大祓詞。
CIMG4442.JPG
宮司の祝詞。
CIMG4443.JPG
私たちと代表者が玉串を捧げて、滞りなく終わりました。
「東北関東方面」の五穀豊穣も一時ながらお祈りしました。

(本日もご来訪、ありがとうございました。)

どんど焼き [氏神総代]

地元の氏神のどんど焼きは、15日です。9時に行きますと、注連縄も張られ宮司の御祓いも済んでいました。
CIMG3377.JPG
ビニル袋やプラや橙を分別し、チャッカマンで火を点けますと燃え上がりました。
CIMG3376.JPG
CIMG3384.JPG
CIMG3387.JPG
1時間後にはやや下火になってきました。
次にはお宮の幔幕などの取り外しに掛かりました。
CIMG3388.JPGbefore
afterCIMG3391.JPG
CIMG3390.JPG
2時間後にはもう下火になっていました。
CIMG3393.JPG
境内の脇にサザンカがひっそり咲いていました。
小さい神社のどんど焼きは、集まる人も少なくこれで終わりです。>^_^<


(本日もご来訪、ありがとうございました。ェ(__)ェ)


前の30件 | - 氏神総代 ブログトップ