So-net無料ブログ作成
検索選択
キャンピングカー旅行 ブログトップ
前の30件 | -

スキーに行ったれば・・⑦ヒッチハイクに遭う [キャンピングカー旅行]

03/07、13時過ぎ、ハチ高原へスキーに行ったお陰で、
竹田城が近いと知り、観光することができました。
IMG_9327.JPGIMG_9328.JPG
見納め竹田城(車中から)

一路、あちこちSAに立ち寄りながら帰宅に掛かりました。
IMG_9329.JPG
特産岩津ネギ。少し買いました。

権現湖SAで、若者が近寄ってきました。
IMG_9330.JPG
車のナンバーを見て、近寄ってきたようです。
千葉まで行きたいと。(内心)あまり地理に詳しくない、と思いましたが、
四国までの分疑点までなら、乗せてあげましょう」と言いましたら、
福岡からきたこの若者が、よろしくといいますので、ほんの20分ほど乗せました。

長年運転していますが、ヒッチハイクされたのは初めてでした。
(もう、千葉へ帰ったことでしょう。)

IMG_9332.JPGIMG_9333.JPG
明石海峡を渡り、
IMG_9334.JPG
まだ陽が沈まぬうちに、帰宅できました。

(翌日)筋肉痛。そりゃそうだ、スキーの後に、50分の登山をしたのですから。
3日程筋肉痛と親しみました。
スキーに行ったれば・・・、筋肉痛のお土産も付いてきました。終わり。

(ご訪問ありがとうございました。)


スキーに行ったれば・・⑥竹田嬢(下) [キャンピングカー旅行]

昨日の続きの竹田城後編です。
IMG_9294.JPG IMG_9296.JPG
IMG_9291.JPG
(竹の杖を借りて、正解でした。)
朝も早いこともあって、観光の人は少ないです。やっと山頂で、男性一人を見付け
写真を依頼しました。
IMG_9294.JPGIMG_9298.JPG

IMG_9299.JPG本丸。
ここへは入場禁止でした。

暫く、兵どもが夢の跡を眺めて、下りに掛かりました。
IMG_9301.JPGIMG_9304.JPG

IMG_9305.JPG IMG_9312.JPG

IMG_9313.JPG
天空の城塞を見上げました。

IMG_9315.JPG
この日は利用できませんでしたが、ここを上がると中腹の駐車場。
IMG_9316.JPG
昔時、血を流した赤松氏と山名氏、合同の慰霊碑。

IMG_9324.JPG
また、30分程歩いて、駐車場に。車がぎっしりになっていました。

時刻は1時前。昼食です。
IMG_9326.JPG
但馬牛の産地ですが、ベジタリアンの私は、当地の名産、岩津ネギと蕎麦セットを賞味。

お腹も起きたのでこれから一路帰宅に掛かります。

(ご訪問ありがとうございました。)

スキーに行ったれば・・⑤竹田城(上) [キャンピングカー旅行]

03/07朝。
ハチ高原スキー場に向かう途中、竹田城の表示を見かけておりました。
これは、ぜひ観光と決めて、昨夜道の駅で情報を仕入れておきました。
IMG_9255.JPG IMG_9256.JPG左折。
工事が始まっていますが、7日は大丈夫と。ラッキー。
IMG_9257.JPG IMG_9258.JPG
ガードマンが「約50分」と言います。それぐらいなら、と勢い込んで歩いて行きました。
IMG_9261.JPGIMG_9260.JPGIMG_9258.JPG
IMG_9262.JPG IMG_9263.JPG
遥か彼方の城跡。この気負いが翌日の筋肉痛になるのも知らずに。

IMG_9267.JPG IMG_9266.JPG
30分程で入り口に。本来ならここまで車で来られる所です。

IMG_9268.JPG IMG_9270.JPG
歩く・・。
IMG_9271.JPG IMG_9274.JPG
ここから急坂になりました。

IMG_9276.JPG IMG_9281.JPG
見え始めた城郭。
IMG_9289.JPGIMG_9290.JPG
日陰の積雪。

IMG_9295.JPGIMG_9297.JPG
この石造技術。インカに負けないね、と感じました。

つづく。

(ご訪問ありがとうございました。)


スキーに行ったれば・・④ [キャンピングカー旅行]

03/06夕方。スキー場を後にして、地元のポスターの情報を得て
IMG_9221.JPG「よふど温泉」へ行き、汗と疲れを洗い落としました。

ついで、日が落ちた、道の駅「田島まほろば」で夕食をとりました。
IMG_9224.JPG
昼よりましな夕食。

それから、車の中でバタンキュー。・・・・

IMG_9227.JPG翌朝、愛車は雪をかぶっていました。

IMG_9228.JPG
朝になって、とても良い道の駅だと気がつきました。

その風景たち。
IMG_9229.JPG IMG_9236.JPG
IMG_9252.JPG

IMG_9239.JPG IMG_9240.JPG
茶すり山古墳が重文。出土した、王者の棺(初めて見ました)。

IMG_9248.JPGその古墳の形。

IMG_9250.JPG
私の足跡。

IMG_9254.JPG
太陽の恵みだあ・・フロントの雪がすっかり溶けていました。
IMG_9245.JPG
車内のポットの湯が、沸いていました。で、お茶しました。

さあ、これから天空の城「竹田城跡」を観光に出掛けます。


(ご訪問ありがとうございました。)

スキーに行ったれば・・③ [キャンピングカー旅行]

03/06昼。お腹が空いたので、食事に。
最初行ったところは、クローズリフトのところまで行って、
「どこのレストランが開いとる?」と聞いたら、1カ所だけと教えてくれました。
IMG_9197.JPGIMG_9199.JPG
客は2人静かです。メニューも少し。値段は高い。
IMG_9200.JPGチャンポンうどん700円。

でも、一息ついたので、滑りを開始。
IMG_9201.JPGIMG_9203.JPG
ところが、吹雪。
IMG_9209.JPG IMG_9210.JPG
IMG_9214.JPGIMG_9215.JPG
IMG_9217.JPG
暫く滑っていましたが、吹雪は止みそうにありません。
時間も3時を回っていました。切り上げることにしました。
IMG_9219.JPG IMG_9218.JPG
雪を冠った車につらら。

リフトのおじさんに土産物屋を聞きましたら「ここには1軒もありません」と。
昔、あれほどあった土産物店がすっかり無くなってしまっていたのです。
・・・・・
少々時代の流れを感じながらハチ高原を後にしました。

(ご訪問ありがとうございました。)


スキーに行ったれば・・② [キャンピングカー旅行]

03/06昼前。2年ぶりのスキー
このスキー場へは10数年ぶりの訪問です。
IMG_9172.JPG IMG_9173.JPG
リフトに乗って。記憶が蘇ってきました。因にリフト券はシニアに付き、3500円でした。
IMG_9174.JPG IMG_9175.JPG
滑る気力が涌いてきました。
IMG_9180.JPG IMG_9182.JPG
リフト乗り場は、人が少ない・・・。
IMG_9189.JPGIMG_9193.JPG
IMG_9195.JPG
滑り始めたが、雪が深くてショートの板のため、沈み込んでスピードが出ません。
IMG_9203.JPG
ワックスももっていないので、余計走らず、汗だらけ。
それでも4本程滑って昼食にしました。

(ご訪問ありがとうございました。)

スキーに行ったれば・・① [キャンピングカー旅行]

03/05夜、スキーに出立することに決めました。
目的地は、10数年も前に行ったことがある「ハチ高原スキー場」です。
高速をほぼ遵法速度で走って、目的地から約100kmのところで、
夜中になったのでSAで就寝。
IMG_9144.JPG IMG_9145.JPG

翌朝、快適に目覚めて、走っていきました。
だんだんと目的地に近づいてきます。
IMG_9160.JPG IMG_9161.JPG

嬉しい雪景色が・・。
IMG_9164.JPG IMG_9168.JPG
無理をしないように途中道の駅で2度の休憩。


IMG_9170.JPGIMG_9169.JPG
昼前に、スキー場の駐車場に到着。

ウイークデイのこともあるのか、閑散としています。
(一昔前の賑わいは今何処?です・・。)

(ご訪問ありがとうございました。)

北海道ひた走り18 最終回 [キャンピングカー旅行]

帰宅して1週間後、ファミリーカヌーとうろから、釧路湿原での
思い出写真を送っていただきました。ありがとうございました。
0531.1.JPG
0531.3.JPG
0531.4.JPG
当日、見ることができなかった、動物たちの写真も添えられていました。
100.jpg101.jpg
102.jpg
0531.5.JPG
今回、釧路湿原の探訪を目的としていましただけに、とても良い記念となりました。
ファミリーカヌーのお店の方に、厚く感謝を申し上げます。
これで、北海道ひた走りの旅行記を終了します。
お読みいただき、ありがとうございました。終わり。

(ご訪問ありがとうございました。)



北海道ひた走り⑰ 帰る [キャンピングカー旅行]

06/02晴れ。フェリー船中。
IMG_9303.JPG
朝、ビンゴ大会があり、妻がクリーム、私がドリンクを運良く当てました。

IMG_9305.JPGIMG_9307.JPG
午後はフルート奏者が、優しい音色で私たち船客を慰めてくれました。
IMG_9307.JPG
心に残る演奏を、ありがとうございました。

IMG_9310.JPGやがて夕暮れて・・・、

IMG_9312.JPG
大勢の船客見守る中、日が落ちていきました。
IMG_9330.JPG
・・・・・
船は、予定通り舞鶴港に21:30ごろ着船。それから、ひらすら自宅に向かって車を飛ばしました。
夜半24時過ぎに、無事帰宅しました。
車の全走行距離は、1930kmでした。すぐ寝ました。
かくして、この旅行は終了したのであります。
旅行記は明日1回で終わります。

北海道ひた走り⑯ 小樽市(下)道内最終日 [キャンピングカー旅行]

06/01晴れの夕方。
日本海フェリー利用の利点の一つに、カニのディナーが付いていました。
IMG_9290.JPGIMG_9291.JPG
IMG_9292.JPGIMG_9295.JPG
次々と運ばれてきた料理
IMG_9294.JPG
カニを食べるときは、寡黙になる・・・。
IMG_9293.JPG
夕日がだんだん落ちてきました。料理に満足してレストランを出ました。
今晩11時にはフェリーに乗り帰路着きます。
その前に入浴を済ませておくことにしました。
IMG_9299.JPGIMG_9297.JPG
小樽温泉北海道最後の場所となりました。
その痕、同じフェリーに乗ったのであります。つづく

(ご訪問ありがとうございました。)


北海道ひた走り⑮ 小樽市(中) [キャンピングカー旅行]

06/01晴れの午後 行くところに迷って、ガラス工房に。
IMG_9281.JPGIMG_9278.JPGIMG_9282.JPGIMG_9280.JPG
午後5時過ぎまで店内を見回り、
IMG_9285.JPGIMG_9284.JPG
ディナー会場である、ホテルへ行きました。
IMG_9286.JPGIMG_9287.JPG
そのホテルは、小樽都通りです。榎本武揚の顔が・・・。
IMG_9288.JPGIMG_9289.JPG

時間がきて 、ホテルの11階に赴きました。
いよいよディナーです。つづく

(ご訪問ありがとうございました。)

北海道ひた走り⑮ 小樽市(上) [キャンピングカー旅行]

06/01晴れの午後。
IMG_9254.JPG IMG_9255.JPG
休んだSA。
夕方の 18時30分、小樽ホテルでのディナーに間に合わせるために、
高速道を選んで走っていきましたら、早く着きすぎました。
IMG_9267.JPG朝日展望台へ。
IMG_9257.JPG IMG_9258.JPG
まだサクラが咲いていました。
その近くにあった小林多喜二の文学碑。(戦前の強権力拷問により獄死・・。)
IMG_9261.JPG IMG_9262.JPG

IMG_9270.JPGIMG_9274.JPG
旭展望台から見えた小樽市街地。IMG_9276.JPG

それでも時間があまりました。何度も来ている小樽ですから、行くところに迷って
ガラス工房方面に行くことにしました。
つづく

(ご訪問ありがとうございました。)

北海道ひた走り⑭ 十勝千年の森 [キャンピングカー旅行]

IMG_9212.JPG
06/01朝、足寄の道の駅泊。
そのとき、横で停まっていた、広島県の男性から、良い場所の情報を得ました。
その一つが、十勝「千年の森」でした。
IMG_9213.JPG
そこは牧場地帯で、本当に広々としていました。その景観をご覧ください。

IMG_9214.JPGIMG_9216.JPG
IMG_9217.JPGIMG_9218.JPGIMG_9222.JPG
                           乳牛の審査のような集まりが・・・。
IMG_9226.JPGIMG_9228.JPG
清水丸山展望台に。


霧がだんだん山頂に上がってきていました。IMG_9234.JPG
IMG_9247.JPG遠望すれば牛の群れ。

IMG_9251.JPGIMG_9253.JPG
セグウエイの乗り場もありましたが、交渉しましたが開場前につき、交渉不成立。
急ぎ旅ですから、再び小樽を目指して走ります。
つづく

(ご訪問ありがとうございました。)

北海道ひた走り⑬ リベンジの摩周湖 [キャンピングカー旅行]

05/31晴れの午後。
妻が「摩周湖はよう見えると案内が言うてる」と、言いますので、不本意ながら
車のナビを再びあわせました。妻は、3回も来て一度も晴れた摩周湖を見ていないのが
よほど悔しかったと思います。(私は2度ほど見ています)。
駐車場に行きましたら17時過ぎ、係員が「どうぞ、今から無料です」と。ラッキー
IMG_9176.JPG IMG_9175.JPG
一昨日は大雨で、全く見えませんでしたのに。
ちょっと感激の摩周湖リベンジ篇です。ご覧ください。
IMG_9183.JPGIMG_9185.JPG

IMG_9186.JPGIMG_9189.JPG
IMG_9191.JPGIMG_9192.JPG
IMG_9197.JPGIMG_9202.JPG

摩周湖へのリベンジを果たしたら、今度はとにかく、今いる摩周湖は東端から、
西端にあたる小樽方面に走っていくことにしないといけません。

IMG_9205.JPG IMG_9208.JPG
で、とりあえず夕食を弟子屈町でとり、
IMG_9209.JPG IMG_9210.JPG
20時30分過ぎに、足寄温泉の銭湯で汗を流し、足寄道の駅で泊としました。

明日(06/01)の夜は、いよいよ帰途の乗船となりますが、まだまだ見所が続きます。
いやあ、北海道は奥が深いです。
つづく

(ご訪問ありがとうございました。)


北海道ひた走り⑫ 丹頂つる自然公園 [キャンピングカー旅行]

05/31晴れの午後、ここでは丹頂鶴が見えますと言う、案内嬢の情報で
釧路市丹頂鶴自然公園へ向かいました。
IMG_9157.JPGIMG_9174.JPGIMG_9155.JPG
少々鶴の風景を。
IMG_9156.JPGIMG_9158.JPG
IMG_9168.JPG
たくさんツガイがいる中で、唯一この夫婦鶴にヒナがいました。
IMG_9169.JPGIMG_9171.JPG
ここに15人ほどのカメラマンが、ヒナが出てくるのを辛抱強く待っていました。(趣味なんでしょうね)
IMG_9173.JPG

ここを見終わったころ、妻が「摩周湖へ行こう、今日は見えるはず」ととんでもないことを
言い出しました。そして、電話で「今日は見えますか」と案内所へ確認しました。
つづく

(ご訪問ありがとうございました。)



北海道ひた走り⑪ こだわって釧路湿原 [キャンピングカー旅行]

05/31晴れの午後。
IMG_9130.JPG
今回のツアーの第一目標は、釧路湿原で遊ぶことでしたから、
再び湿原公公園へ引き返し、そこの散策にいきました。
IMG_9131.JPGIMG_9133.JPG

IMG_9134.JPG IMG_9135.JPG
IMG_9136.JPG IMG_9138.JPG
                   サクラ。

IMG_9140.JPG

IMG_9141.JPG
15分ほど歩くと広大な湿原が目の前に・・・。
IMG_9143.JPGIMG_9144.JPG
IMG_9145.JPGIMG_9146.JPG
IMG_9150.JPG IMG_9151.JPG
湿原の光景を堪能した痕、
次は、ここの案内嬢の情報から、丹頂鶴公園に 行くことにしました。
つづく

(ご訪問ありがとうございました。)

北海道ひた走り⑩ 釧路湿原細岡展望台 [キャンピングカー旅行]

05/31晴れ。昼時。
カヌーのガイド情報で、細岡展望台へ行きました。そこでまず腹ごしらえをしました。
shisetu_hosooka.jpgIMG_9114.JPG
(HP写真)細岡ビジターセンター。
IMG_9127.JPGIMG_9115.JPGIMG_9126.JPG
ピザを食べて、いざ展望台へ。
IMG_9116.JPGIMG_9117.JPG
 小高い山を登って、
IMG_9118.JPGIMG_9119.JPG
頂上の休憩所。広がる釧路湿原。
IMG_9120.JPGIMG_9121.JPG
手前が釧路川。遠く、 阿寒富士や雌阿寒岳、雄阿寒岳が見えていました。
IMG_9124.JPGIMG_9125.JPGIMG_9129.JPG
広々とした湿原の景観を眺め、心も広がった気がしました。
再び湿原公園に引き返すことに・・・。
つづく

(ご訪問ありがとうございました。)



北海道ひた走り⑨ 釧路湿原川支流遊び(下) [キャンピングカー旅行]

昨日の続きで、カヌーを漕いでいます。
IMG_9048.JPGIMG_9051.JPG
どこまでも静かな川面。
IMG_9053.JPGIMG_9056.JPG
          マガモ。
(2年前のマイアミの時は、ワニがか顔を出した・・、と思い起こしながら・・・。)
IMG_9057.JPGオシドリ。

IMG_9064.JPGIMG_9065.JPG
コースの折り返し点に他のツアーが停まっていました。
IMG_9076.JPGキノコの一種、ヤナギタケ。

IMG_9089.JPGイヌワシの飛翔。
IMG_9097.JPGざっと小ガモが12匹。可愛い・・。

IMG_9102.JPG
約1時間後、スタート地点に。
IMG_9109.JPG
かくして、快適なカヌーツアーは終了しました。

(ご訪問ありがとうございました。)


北海道ひた走り⑧ 釧路湿原川支流遊び(上) [キャンピングカー旅行]

05/31晴れ。いよいよ釧路川支流の船遊びです。
IMG_9030.JPGIMG_9032.JPGIMG_9031.JPG
波もなく、快適にカナディアン・カヌーを漕ぎ出しました。
IMG_9033.JPGIMG_9034.JPG
IMG_9035.JPGIMG_9037.JPG
パドルを漕ぐと、カヌーは川を滑っていきます。
IMG_9041.JPGIMG_9042.JPG
IMG_9045.JPG
案内のガイドは非常に寡黙な人で、こちらが尋ねないとほとんど何の説明もありません。
しゃべり過ぎもいけませんが、ね。
静かな川遊びにふさわしい案内人でしたかね。

つづく

(ご訪問ありがとうございました。)



北海道ひた走り⑦ ライブと釧路へ向かう [キャンピングカー旅行]

05/30曇の午後。神の子池ー川湯温泉ー屈斜路湖。
IMG_9006.JPGIMG_9007.JPG
白鳥の飛来地。砂湯ー湖畔の砂場から温泉が出ていました。

IMG_9009.JPGIMG_9010.JPG
19:30スタートのライブ会場(公演中は撮影禁止)。

アイヌの人たちは、自然との共存という姿勢で生きてきた人々です。
ライブで自然環境破壊の危惧が切々として訴えられました。感動しました。
IMG_9012.JPG
エコライフに目覚めました・・・。

22時過ぎから1時間ほど走って道の駅「摩周湖温泉」で車中泊。

IMG_9014.JPGIMG_9015.JPG

翌31日朝8時に出立。目指すは、釧路湿原です。
IMG_9017.JPGIMG_9019.JPG
途中、牧場風景。
この釧路湿原は、過去に行きそびれた場所。今回はそのリベンジなんです。
IMG_9021.JPGIMG_9022.JPG
IMG_9027.JPG
この公園施設で、湿原巡りの情報をもらって、また1時間走りました。

IMG_9028.JPGIMG_9029.JPG
ここはカヌーを世話してくれる店。ここで車の水タンクの補給もさせてもらいました。

これから、いよいよ期待のカナディアン・カヌーの1時間ツアーに取りかかります。
つづく

(ご訪問ありがとうございました。)

北海道ひた走り⑥ 神の子池 [キャンピングカー旅行]

05/30雨後曇。丸木舟というレストランの、夜のライブの間、
教えてもらった「神の子池」にドライブしました。少々迷って着きました。
この池は摩周湖の真北に位置しています。
IMG_8981.JPGIMG_8980.JPG
摩周湖=神の池。その地下水からできた池=神の子という訳です。
IMG_8983.JPGIMG_8984.JPG
神秘的なブルーが印象的な神の子池。
IMG_8986.JPGIMG_8987.JPG
IMG_8988.JPGIMG_8990.JPGIMG_8992.JPG池から出る清流。

IMG_8995.JPGIMG_8997.JPG
神の子 池からの帰りに見つけた水芭蕉。と雪を雪をいただいた山。


IMG_9002.JPGIMG_9003.JPGIMG_9004.JPG
川湯温泉というとこに出懸かり、入浴

つづく

(ご訪問ありがとうございました。)

北海道ひた走り⑤摩周湖&屈斜路湖 [キャンピングカー旅行]

05/30雨。風で車が揺れ動く天候でした。
IMG_8940.JPG
私は過去3回、ここへ行っていますが、こんな天候は始めて。
IMG_8941.JPGIMG_8943.JPG
ご覧の通りの霧の摩周湖。ここで 無念の写真を撮る人、多数。
仕方なく店内漢学。
IMG_8945.JPGIMG_8946.JPGIMG_8948.JPG

諦めて、天気図を見て、屈斜路湖方面へ。
IMG_8949.JPG途中見かけた可愛い駅舎「美留和駅」
屈斜路湖

IMG_8951.JPGIMG_8950.JPG
屈斜路湖畔。雨も小降りに。<熊を入れる檻。>
IMG_8952.JPG
IMG_8953.JPGIMG_8956.JPGIMG_8960.JPG
アイヌ資料館に行きました。



皆さんは、平成9年にアイヌ文化振興法ができるまで、 北海道旧土人法なるものが
あったのをご存知でしたか? 平成の御代に、土人だったんですよ!
館内管理のアイヌの女性から、いじめや差別の実態をお聞きしました。
いじめや差別は、いつ聞いても、無知で哀れなさもしい根性の人がする行為であると、
IMG_8965.JPG
感じさせられました。この女性にエールを送ります。


IMG_8967.JPGIMG_8968.JPG
中食はアイヌ的な料理をと資料館の近くのレストランへ。

IMG_8973.JPG川魚の活け造り。
IMG_8974.JPG IMG_8979.JPG
夜この店でアイヌ音楽のライブがあるというので、予定を変更して聞きにいくことにしました。
その間、店の人に紹介してもらった、「神の子池」観光に行くことにしました。
つづく

(ご訪問ありがとうございました。)



北海道ひた走り④阿寒温泉に向かう [キャンピングカー旅行]

05/29晴れ後曇り。旭山動物園で豊かな時間を過ごした痕、
阿寒湖を目指すことにしました。
IMG_8922.JPG
青める木々が美しい・・・。
IMG_8923.JPG IMG_8924.JPG

IMG_8925.JPGIMG_8926.JPG

まだ、山裾の日陰には雪が・・・。
IMG_8927.JPG IMG_8928.JPG
IMG_8929.JPG IMG_8930.JPG
道は通行量が少なく、走り安いです。途中のドライブイン
IMG_8931.JPG IMG_8932.JPG
偶然見つけた、シバザクラの群生。
IMG_8934.JPGIMG_8935.JPG
IMG_8936.JPG IMG_8937.JPG

IMG_8939.JPG

夕方から雨、明日も雨という予報通り、雨が始めました。
阿寒湖温泉で体を温めて、車の中でぐっすり眠りました。

つづく

(ご訪問ありがとうございました。)

北海道ひた走り③旭山動物園 後編 [キャンピングカー旅行]

05/29晴れ。
IMG_8860.JPG IMG_8861.JPG
夜行性のオオカミ家族は木陰で寝ていました。

以下、出会った動物たち。
IMG_8872.JPG IMG_8876.JPGIMG_8877.JPG IMG_8881.JPG

IMG_8883.JPG IMG_8884.JPG
人間に近い猿系は、いつまで眺めても飽きませんね。

IMG_8887.JPG IMG_8896.JPG


IMG_8899.JPG IMG_8885.JPG
                エルク。

IMG_8893.JPGIMG_8894.JPG
中食の場所とそこからの景色。
IMG_8900.JPG高校生集団


IMG_8908.JPG IMG_8909.JPG
IMG_8910.JPG IMG_8912.JPG

IMG_8917.JPGIMG_8918.JPG


シロクマを見た後、園を出て次の阿寒湖を目指すことにしました。

つづく。

(ご訪問ありがとうございました。)


北海道ひた走り②旭山動物園 前編 [キャンピングカー旅行]

05/29晴れ。とりあえず、旭山動物園に行こうと決めました。
IMG_8920.JPG
10時過ぎの動物園入り口。
IMG_8830.JPG
親子連れ、若い人が多いようでした。
IMG_8833.JPGIMG_8832.JPG
入園して右手にフラミンゴ。
IMG_8836.JPGIMG_8838.JPGIMG_8839.JPG
ミドリが多い園でした。芽吹いたハルニレ。

以下、動物たち。
IMG_8841.JPGIMG_8844.JPGIMG_8843.JPG
IMG_8848.JPG


 IMG_8851.JPG IMG_8852.JPG
   IMG_8855.JPG IMG_8856.JPG
猛獣はお寝み・・・。
IMG_8857.JPG IMG_8859.JPG


IMG_8919.JPG
園内移動の車も動いていました。
次は動物園の後編 とします。

(ご訪問ありがとうございました。)

北海道ひた走り① [キャンピングカー旅行]

05/27から、フェリーで北海道へ行こうと考えていました。
IMG_8783.JPG IMG_8784.JPG
27日16時に自宅を出立し、舞鶴港まで約210km走りました。
21時過ぎに舞鶴港へ。船出は28日の真夜中、0時30分でした。
IMG_8785.JPGIMG_8787.JPG
車は100台近く乗っていました。船名「はまなす」。

IMG_8790.JPG IMG_8792.JPG
船は平穏な日本海を滑るように走ります。10時30分僚船「あかしあ」とすれ違いました。

船内の様子。
IMG_8800.JPG IMG_8811.JPG
IMG_8812.JPG IMG_8805.JPG
船の長さは約 200m。
IMG_8804.JPG IMG_8808.JPG
売店。05/28夕方北海道の陸地が見えてきました。

小樽港着が20時30分。このフェリー企画に、ホテルの一泊がサービスに着いていましたから、
IMG_8820.JPG IMG_8821.JPG
港近くのホテルに一泊しました。
明日から、無計画で北海道を走ります。

(ご訪問ありがとうございました。)

長崎へ行くの巻⑰平戸にて(最終回) [キャンピングカー旅行]

10/17午前中。オランダ商館記念館に入りました。
IMG_3450.JPGIMG_3452.JPG
展示物の数々。
IMG_3455.JPGIMG_3457.JPG
IMG_3451.JPG
IMG_3453.JPGIMG_3459.JPG
ジャガタラ文。家康の朱印状。
IMG_3456.JPG平戸牛。
IMG_3461.JPG
買った土産物は、ベルギービール、ジャガタラお春(焼酎)と、
今平戸(こんぺいとう)。
IMG_3462.JPGIMG_3464.JPG
オランダ井戸。ただの井戸でした。
IMG_3465.JPG
牛蒡餅。牛蒡が入っているかと思ったら、
形が牛蒡に似ているだけのネーミングでした。
IMG_3467.JPG IMG_3468.JPG IMG_3469.JPG
昼前に平戸を出ました。各SAに泊まりながら約9時間かけて
楽しい 旅行を終えました。
全走行距離は、1685.5kmでした。
長い旅行記におつきあいいただきありがとうございました。





長崎へ行くの巻⑯ [キャンピングカー旅行]

10/17午前中、平戸観光
IMG_3429.JPG IMG_3430.JPG
駐車場から見えた、小雨に煙る平戸城。
IMG_3431 2.JPGIMG_3432.JPG
10分ほど歩くとオランダ塀にたどり着きました。
IMG_3433 2.JPG IMG_3435 2.JPG
IMG_3437.JPG

IMG_3440.JPG
IMG_3438 2.JPG
さらに10分ほど上った所に、フランシスコ・ザビエルの墓地
IMG_3439 2.JPG
その少し上に、三浦按針の墓地が・・・。
日本史に登場する2人がここに眠っていました。
IMG_3441.JPG IMG_3442.JPG
遠くに見えたザビエル記念教会。平戸の町。
それから、オランダ商館への道を下って行きました。
IMG_3445.JPG
雨の中、校外学習にきていた子どもたち。
IMG_3447.JPG IMG_3448.JPG
平戸湾を望む。
IMG_3449 2.JPG
オランダ商館資料館敷地から見える、オランダ塀。(最終回につづく)


長崎へ行くの巻⑮ 平戸市 [キャンピングカー旅行]

10/17、午前。まだ雨が降り続いていました。
IMG_3419.JPG平戸ザビエル記念教会
IMG_3420 2.JPG IMG_3421.JPG
IMG_3422.JPGIMG_3423.JPG
外庭 。
IMG_3426 2.JPG
教会内部。
IMG_3425 2.JPG

次に移動して、やや小振りのオランダ商館記念館方面に足を向けました。
(つづく)


長崎へ行くの巻⑭ 平戸市 [キャンピングカー旅行]

10/17、平戸城の次に、眼鏡橋=幸橋へ。
平戸市役所への通路が眼鏡橋になっていました。
IMG_7342.JPG
市役所の前の門をくぐりました。
IMG_7343 2.JPG
そこに石造りの太鼓状の橋が架かっていました。
IMG_7346.JPG
右のレンガが平戸市役所です。
IMG_7349 2.JPG
橋を渡りきって見ました。
IMG_7351 2.JPG
IMG_7352.JPG
IMG_7355.JPGIMG_7357 2.JPG
町中へ行きましたら、三浦按針の館と英国商館跡がありました。
IMG_7358 2.JPG
街の至る所に当時を忍ばせる痕跡が残っているようでした。
次は、雨の聖ザビエル教会へ。(つづく)

前の30件 | - キャンピングカー旅行 ブログトップ